ウニゴンブログ

ウニゴンがぽつぽつ育児生活、日常を記録しています。

LDRから出産までのこと

前回の続きです。yakumioishii.hatenablog.com

ここではバースプランのとおりになったか?LDRでの流れなどを記録しました。散文です。

 

 

そもそもLDRってなんなん?ということですが…

LDRとはLabor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)を略した言葉です。

陣痛から分娩まで移動がなく、個室なので心身の負担が少ないことが特徴です。

 

私が車椅子で運ばれた後に助産師さんたちが続々と入室されてきました。何人いたかは定かではありませんが、とにかく助産師さんもバタバタしています。

 

入室してから直ぐに分娩台にのせられて内診がありました。「子宮口全開です」助産師さんが言っていたと思います。

バースプランはこの時点で

「夫は立会はしないが出産後にだけ赤ちゃんに会う」となっていました。

なので助産師さんがもう夫に連絡するようにと言われました。

私としては、陣痛始まったばかりだと思っていたので内心驚きつつ、なんとか夫に連絡しました。夫は直ぐに車で向かうと連絡をくれました。

 

この間に助産師さんが私の入院バッグなどを持ってきてくれて、お茶などを飲ませてくれました。キャップ付きストロー本当に買っていて良かったです!

 

助産師さんにとっても急にお産が進んだ患者という認識があるのか、

バタバタしながら「急でびっくりしたー!」や、

「もうすぐですよー!」「運動頑張ってましたもんねー!」「赤ちゃんも頑張ってますよー!」と声をかけてくれました。

 

LDRに入ってからは何人もの助産師さんに囲まれ呼吸をリードしてもらい、痛いところをさすってもらいました。

 

そして、今から思うと他にバースプランに描いていたアロマや音楽などのリクエストは叶ってません!私も助産師さんもそれどころではない状況なのです!私のバースプランは本当に暢気な内容だったなと振り返ると思います!

 

痛みに耐えてお産が進んでいくと、ついに「赤ちゃんの頭が見えてきましたよ!赤ちゃんの頭、真っ黒でふさふさです!」と言われました。

ゴールが近いぞと自分でも思い、リードしてもらったとおりに呼吸に集中しようとしました。

と、同時に「やはり私の遺伝で毛深いのか」と内心予想通りだなと思ってました。

 

それから何分経ったかはわかりませんが、夫が到着したと部屋の外から聞こえました。

分娩は立ち会わない予定でしたので部屋に入ってくるとは思ってませんでしたが、なにかの手違いでか入室してカーテン越しにいる状態となりました…これまたバースプランと違うのです。

それまでまるで動物のような叫び声をあげていた私ですが、夫にそんな声や姿を見せられないと思って若干声が控えめになりました。

自分で冷静に「そんなこと調整できる余裕があるのか」と分析してました。これは出産の進み具合を助産師さんが教えてくれていて、あともう少しだとわかっていたから冷静になれたんだと思っています。

 

それからまた暫く苦しい状態が続き、頭が出た!という瞬間に赤ちゃんの声がしたと記憶しています。

そこで本当にほっとしました。数秒目をつぶって安堵していました。

 

ここからは本当に記憶が曖昧で事実と前後してるかもなのですが、

赤ちゃんがきれいに全身拭かれて色んなセンサーに繋がれて、夫が入室して赤ちゃんを動画で撮っていたと思います。

赤ちゃんは産前の健診時のエコーよりも小さく、2580gでした。そんな小さな赤ちゃんでも本当に本当に痛みは強かったです。

 

その後は助産師さんから「とってもスムーズなお産でしたお疲れさまでした」と労っていただき、会陰の状況を言われました。

 

私の場合は会陰は切開されておらず、左側だけ少し裂傷してしまったようです。助産師さん曰く、かなり小さい裂傷だったそうです。これは会陰マッサージを頑張ったおかげかもしれません。

yakumioishii.hatenablog.com

 

そして医師が入室してきて会陰の縫合をしてもらいました。麻酔を打っての縫合でしたが、チクチクして違和感がありこれはこれで耐えないといけなくて辛かったです。

さらには後陣痛というものもあり、痛みはかなり減るものの下腹部は痛いままでした。

 

夫はひたすら赤ちゃんを動画にしながら、労いの言葉をかけてくれました。赤ちゃんの足形もきれいに助産師さんにとってもらって、やっとバタバタが終わりました。

 

助産師さんは一人だけになり、下腹部を冷やしてくれたり色々とお世話をしてくださいました。出産直後は冷やした方が子宮の戻りが良いそうです。

そしてバースプランに書いていた胎盤を見たいとのリクエストのとおり胎盤を取り出して見せてくれたりもしました。

感想としては、めちゃくちゃ大きなレバーといった印象です。夫もへぇーと言いながらまじまじと見ていました。

それからは母子手帳に分娩の記録をしてもらい、家族3人での写真も記念に撮ってもらいました。

あとから写真を見て思ったのが、まとめていた髪がボサボサになっていたので残念でした…もっとボサボサになりづらいまとめ方をしておけば良かったです。あるいは、写真の前に鏡で整えれば良かったです。

眉はティントで、まつげはメイクでなんとか写真に耐えうる状況になっていたことでまだ救われました!

 

あと、カンガルーケアもしてもらいました。その時にはお産が終わった興奮と赤ちゃんに会えた感動とで涙が出ました。

 

出産後は2時間で病棟に上がるので、その時に夫とさよならして産後のお部屋に車椅子で移動しました。

この時、既に破水から20時間が経過していました。睡眠もろくに取れていません。赤ちゃんも元気で、これでやっと休めるのか〜と安堵していました。

 

なので、ここから地獄の入院生活が始まるとは思ってもいませんでした…

 

次は入院生活を記録していこうと思います。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!

陣痛中からLDRまでのこと

前回の続きです。

yakumioishii.hatenablog.com

⚠陣痛の痛みで余裕がなかった心境をそのまま記録していますので、内容も通常より過激(?)かつ語気が強めの表現が含まれます。つまりは愚痴が含まれます。ご不快な思いをされるかもしれません。すみませんが、目次で各自判断されてください。

 

暢気な夫に怒り心頭

15時頃、陣痛が始まったことに気づかない私は只管に飽きずに運動をしていました。

 

そんな私に夫は暢気に、いやエールを贈ろうとしてかメダカの動画を送信してきます。

さらには、なんと今更

「面会って一人だけなのかな?」

「病棟行ったら会えないのな?」

「赤ちゃんって体重どのくらい?」

ソイジョイ持っていってる?」などいくつもLINEで質問してきます。

 

今更すぎます。検診の度にきちんと報告していたのに覚えてなかったのでしょうか。適当に生返事をしていたのでしょう。暢気な夫にかなりの怒りを覚えながら返信しました。実は既に陣痛は始まってるので返信をするのも辛い状況でした。

 

そこで「LINEを返信するのも辛い状況って結構な痛みってことかな?」と我に返って、助産師さんに相談しました。

 

ハードに運動し過ぎて疲弊

助産師さんには「生理痛より痛いですか?」と聞かれて、生理痛がかなり重めの私は「生理痛よりは重くないです」と答えました。

すると「まだ陣痛始まってないみたいなので運動頑張ってくださいね」と言われました。

痛いけれど、生理痛よりもっと痛いのが陣痛なのであればまだまだ陣痛は始まってないのかと落胆でした。というか絶望でした。

分娩までに、いや陣痛までにこんなに体力が必要なんて聞いてません!(⚠私が陣痛をわからず陣痛開始しているのに勝手に運動して疲れてるだけです。)

 

既に運動は午前中からハードにしていたので、もう足が疲弊してガクガクでした。これ以上に運動するとお産中に体力が持たないのではないかと思い持ってきたソイジョイなどで間食することにしました。

 

ここで判明したのですがソイジョイなど口の中の水分が奪われるタイプの間食は陣痛中には全然向かないということです。

痛みに耐えて、呼吸を整えようとすると口で呼吸することになります。この時にソイジョイが口の中にあると上手く呼吸ができません!絶対にゼリー飲料一択だと後悔しました…

 

義母の意味不明な連絡で気分不良に

16時頃に義母から連絡がありました。ちょうどソイジョイを食べ終わって苦しんでいた時です。

 

義母「陣痛促進剤は打ちましたか?」

冷たいかもですが痛みで余裕がなかったので、これ聞いて答えて何になるのだろうか?と率直に思いました…陣痛が進む中なんとか「打ってません」と返信したところ、

義母「私と同じです」

ええ…?同じだから、なんなのですか!?と内心思いました…笑

 

さらには

義母「コロナじゃなかったら駆けつけるのにね(ハート)」

「エクササイズでもして陣痛が起こるように頑張りなさい」

「元気な赤ちゃん期待してます(ハート)」

立て続けにパワーワードが並ぶ連絡をしてきます。これらの連絡、正直なところ迷惑でした。(完全に悪口)

 

この方、私の夫が立ち会うのも「必要ないんじゃない?そんなの見せるものでもないわよ。」などと宣っていたのに、ここにきて一体その連絡はなんなの?不可解過ぎませんか?

 

この時点で痛みで心身ともに疲弊していく中、遂に私はスマホで陣痛カウントもできない程になりました。

ここで初めてナースコールを押しました。17時頃のことでした。

 

3度ナースコールしたけれど

直ぐに担当の助産師さんが来てくれました。

かなり痛みが強いことを伝えると痛みの部分に温かいカイロを当てるようにと渡してくださいました。カイロを当てても若干マシになるかも?程度です。そしてカイロは直ぐに冷めました。

助産師さんがカイロを渡すだけで早々にいなくなり私の中に不満がどんどん溜まっていきます。

 

「こんなに痛いのに麻酔など無しの放置っておかしくない?」

「日本の医療どうなってるの?」

「やっぱり無痛分娩にすれば良かった」

「希望しても無痛分娩できない日本の医療のマンパワー不足やばくない?」

「今日は無理だ!一旦、出産お休みしたい」

と、訳のわからんことばかり頭に浮かびました。

 

そして、堪らずもう一度ナースコールしました。流石にこの時点では陣痛だと自覚がありましたが始まったばかりだと思っていたので、これからより痛みが増すことが恐怖で一人で耐えられない状態になりました。

 

再度来た担当助産師さんは慣れた対応でにこやかに痛む部分を撫でてくれました。

痛いのをどうにかしたいと朦朧とする意識の中で伝えると、

「確か無痛分娩希望でしたよね。時間によってはまだ今の時間だとできるかもしれないので!陣痛進むように頑張ってください。」と言われてびっくりました。

キャンセル待ち一番なのに無痛分娩できるの?と。

yakumioishii.hatenablog.com

すると、助産師さんの勘違いだったようで「すみません、忘れてください」と崖から突き落とされた気持ちになりました…

 

その後にまた一人で苦しんで、3度目のナースコールをしました。(迷惑な患者)

夕方を過ぎたので朝の担当助産師とは別の方が来ました。そして、痛む部分をさすってくれてから

「これから夕食の時間ですよ!食事をすると陣痛進むので頑張って食べてくださいね。その後に夜の医師の診察があるのでその前後でシャワーをもう一度浴びてもいいかもしれませんね!」と。

 

スケジュールに絶望しました。

こんな痛いのに食事なんてできないし、こんな痛いのにシャワーなんて浴びれないし、こんな痛いのに直ぐに診察も受けられないの?と思いました。

とにかく痛いのに分娩にもならず、不安でどうにかなりそうでした。

 

夕食中にLDR

f:id:yakumioishii:20210921182808j:image実はあと2時間で出産する陣痛中なのにちゃんと夕食写真撮ってる奴…

 

痛みで一人唸っていると、食事が運ばれてきました。確か鰆を使った献立でした。食べないとお産が進まないと言われたので無理やり食べようとしましたが、痛すぎてそれどころではありません。

この痛みにあと何時間も一人で耐えないといけないのかと思うと、本当に恐怖でした。

すると、夜勤の担当助産師さんが部屋に来てくれて、私の食事どころではない様子を見て付きっきりで対応してくれました。

鰆好きなのに半分も食べられず、食事後は絶対に歯を磨くのにとにかくそんな余裕がないのです。

 

痛みで呼吸も荒くなり、頭痛もしてきました。担当助産師さんが血圧を測定すると140を超えてたと思います。普段は上が80程度なのでそりゃ頭も痛くなりますね。

 

そして、遂に担当助産師さんの判断でやっとLDRへ車椅子で運ばれました。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!

次回はやっと出産までを記録してみます。

 

入院から陣痛までのこと

前回の投稿の続きを書いてみます。

yakumioishii.hatenablog.com

分娩までではなく陣痛が始まるまでを記録しました。

診察

破水から始まったお産で入院が決定してから、寝れずに朝になってしまいました。

7時半に朝食が運ばれてきて、これからいよいよお産なのに全然休まらなかったなと半ば絶望していました。(絶望するの早)f:id:yakumioishii:20210915220212j:image

 

そして、朝食がまさに病院食という感じで気分も上がらないままでした。(食べたら美味しかったので少し気分も上がりました。管理栄養士さんありがとうございます。)

この時にも特に痛みなどはなく、ちょろちょろと羊水が流れる感じがして少し違和感を感じる位でした。

 

ちなみに、産前のお部屋は四人部屋を選択しました。その産院は客層が少しセレブより(?)な方が多く、コロナも相まって皆さん個室を選ばれるそうです。四人部屋には私以外は誰もおらず、お得な気分でした。

 

朝食を一瞬で食べ終えた私は、歯を磨いて洗顔をしてスキンケアをして、写真映えのためにまつ毛だけメイクして安静にしてました。

(たまたま前日にはそろそろと思って、眉ティントをしていて眉はしっかりメイクできてました。久々に眉ティントしてみたら結構良かったです。)

 

すると、その日の病棟担当の助産師さんがお部屋に来られて医師の診察の案内をしてくれました。

診察は外来では見たことがない医師でした。内診台で触診があり、子宮口の開きを見てもらいました。

羊水がだらだらと出て気持ち悪いし、触診も痛いしで不安が大きかったです。触診ですら痛いのに、これよりも痛いのだろうなと思うと不安がマシマシでした。

 

触診後には医師から「子宮口1センチ開いてます」と言われました。昨夜から陣痛もなく、状況が変わっていないということです。

 

さらに医師から、

「破水から24時間以内に陣痛がなければ陣痛促進剤を使用することになります。羊水量が少なくなってきているのでそれより早く促進剤を打つことも考えられます。昨夜の内服の抗生剤服用後に陣痛がなければ点滴の抗生剤も投与します。

なるべく促進剤を使いたくないとの意思を尊重しますので、自然陣痛を待ちますか?それとも促進剤を今からでも打ちますか?

とりあえず現時点で破水はしていて促進剤を打つ可能性があるので、同意書をお渡しします。」という旨の説明を受けました。

f:id:yakumioishii:20210915221929j:image

 

陣痛促進剤打ちたくない

医療介入を拒否するつもりは毛頭ありませんので直ぐに同意書にサインしました。

ただ、マタニティクラスで言われた「促進剤は拷問のよう」という言葉があまりに強烈で恐ろしかったので気持ちとしては打ちたくない、でした。

なので、この時になんとしてでも陣痛を起こさねばとお尻に火が付きました。

yakumioishii.hatenablog.com

医師と助産師さんから運動したり、身体を温めたりしてくださいと言われたので部屋に帰って即刻運動を開始しました。この時点では、なんとなく下腹部痛のようなものがありました。

点滴の可能性があり、普段着用しているFitbitは外していたのでスマホを片手に運動しました。

 

四人部屋には誰もいないのでスクワットを。

廊下の端から端まで速歩き。

階段を1階から5階まで昇降。

f:id:yakumioishii:20210915222953j:image

多分、こんなに運動したのは高校のスパルタ部活以来です。ゴルフのラウンドよりきついです。

そんな感じで午前中を終えました。

f:id:yakumioishii:20210915223050j:image謎のスクワット自撮り

 

病院のパジャマは汗だくです。

あまりに廊下を行き来するので、担当の助産師さんが声をかけてくれて、追加でオススメの運動を教えてくれました。

スマホの陣痛カウンターはお昼にはこんな様子でした。f:id:yakumioishii:20210915223459j:image

間隔がまだ不規則で、この時点では痛いけど…でもまた普通に動けるなという感じです。

 

陣痛開始に気づかない奴

さらに、担当助産師さんがシャワーを浴びて足湯をすると陣痛がすすみますよ、とオススメしてくれたので14時頃にシャワーを浴びてゆっくりと足湯をしました。

 

すると、f:id:yakumioishii:20210915223829j:image

かなり間隔が狭くなり、痛みが強くなりました。痛みは初期の生理痛くらいの痛みになっていました。

が、私は元来生理痛が強いタイプなので「まだこれは陣痛ではないだろう」と思い込んでいました。

というか、アプリの記録をきちんと見てませんでした。アプリを使用しているものの、その活用にまで頭が回らず、脳みそが筋肉なのかただただ運動することで頭がいっぱいでした。(なんというシングルタスクな奴)

 

ということで、シャワー後に身体が温まり、15時前には陣痛が始まっていました。

が、本人は気づいておらず、助産師さんを呼ぶこともなく…この後も我慢しながら只管に運動を続けるのでありました…陣痛始まってるのに…

このせいでお産後身体が大変なことになります…

 

またこの続きは次回に記録していきます!

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!

破水から入院までのこと

深夜1時に破水してから入院までを記録しておきます。

 

破水

その日も中々寝付けずにいて23:00過ぎに床についたものの、ただ横になっていました。

すると、「ポコン」という音で腸の蠕動運動の音とはまた違う音がしました。最初は「???今の音はなんだろう?」と思っていました。

 

破水がなぜ起こるのかはわかりませんが、私の場合はやや身体を下に向けて寝具に密着するような感じで横になっていたので身体が圧迫されていたのかもしれません。

 

出産のサインとして、陣痛・破水・おしるしの3つがかるというのはなんとなく知っていましたが、まさか自分が破水から始まるとは思っていませんでした。

破水した場合、子宮内の赤ちゃんと外界が繋がるので感染症リスクがあるそうです。なので、破水したら湯船やウォシュレットなどは使用せず直ぐに病院に行かなくてはなりません。

 

「ポコン」と音がしてから、ちょろちょろと水が流れてきてたった数分後にはその量がとんでもなく増えていきました。用意していた生理用ナプキンでも追いつかず、新生児用おむつをあてがっても追いつかず、最終的には余っていた祖母のおむつを履きました。

 

産院へ

破水の対応をしている間に病院に連絡して、夫にも迎えに来てもらうよう連絡しました。

が、しかし夫はちょうど深い睡眠に入ったところだったらしく何回電話しても出なかったので諦めて実父に送ってもらう流れになりました。

 

実父の用意が整ったところで、夫から連絡がありました。

夫の寝ている夫婦の家から私の実家まで車で10分もかからないので、やはり産院までの道に慣れた夫を待とうと私は思いました。それに妊娠生活を共に過ごした夫がいてくれると安心できるとも思いました。

 

すると、

電話口の夫は「(自分が送るのでもお義父さんに任せても)どっちでもいいよ」と言うのです。完全に他人事です。

確かに誰が送ろうと結果は変わりないかもなのですが…笑

吉野家で牛丼か豚丼かどっちにするという質問に対しては「牛丼」と即答するのに、こんな重要な局面で「どっちでもいいよ」とかそんなこと言うの?とびっくりしました。

まあ、それも夫らしいので今となっては笑って受け入れられます。

 

入院決定

深夜帯だったので道路も混んでおらずスムーズに産院に到着しました。夜間入り口の警備員さんに荷物を持ってもらい、一先ず診察することになりました。

 

医師はいないためか、助産師さんに内診台で触診されて「子宮口が一センチ開いている」と言われ、そこで入院が決定しました。この時点で陣痛もなかったので夫は一旦帰宅することになりました。

破水していることは間違いないので、滅菌済みの産褥パッドを使用し、ウォシュレットも禁止です。

検尿もして、入院服に着替えて、内服の抗菌薬も飲みました。

 

おおよそ3時ごろには助産師さんに「今日はゆっくり寝てください。明日の朝に医師の診察です。」と言われました。

 

破水から始まった予想外のお産で痛みなどはありませんが、その日は全く寝れませんでした。

 

次の投稿で入院後から分娩まで記録してみます。今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!

無事出産しました!

意味なく毎日更新してましたが、滞っていました。まだこのブログを見てくださる方、いるのでしょうか笑f:id:yakumioishii:20210901235533j:image

夫が撮ってた謎のカンガルーケア写真

 

お久しぶりです。

2021年8月25日19時58分に男の子を出産しました。正直、死ぬかと思う位に痛くて「日本の医療は一体どうなってるんだ」と陣痛中に憂いてました…笑

世界中の母になった女性の方、こんな痛みを乗り越えているの偉大すぎます。

 

初出産でしたが、陣痛から分娩自体は助産師さんがびっくりする位スムーズで短時間でした。母子ともに健康に退院でき、産院のスタッフさんと家族など周りに感謝しかありません。

 

今日で赤ちゃんは日齢7日でした。

破水からジェットコースターのようです。

また、ぼちぼち記録のためにも更新していきます。

 

ちなみに明日は、助産院に行き母乳マッサージ受けてきます。おっぱい爆発しそうなので!

 

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!

予定日まで10日!沐浴準備をしながら母に伝えたこと

予定日まで10日(38w4d)となりました。

自分で随分お腹が下がってきた感じがしてますので、他の人から見た様子でもお腹の位置が変わってきたようです。

さて、今日は母とベビーベッドを膨らませたり、ベビー布団の水通しをしたり、産院の沐浴動画を一緒に視聴しました。

f:id:yakumioishii:20210824195426j:image

母になってみないとわからないと思いますが、実際に妊娠中色々と大変だったので、里帰り中のいま、両親には本当に感謝している日々です。

今日は、思い切って母に「産んでくれてありがとう」と伝えてみました。母も笑顔で答えてくれたので嬉しかったです。こんな時でないと伝えることもできないかなと思っていました。

 

そして、今日の食事内容です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ウニゴン (@unigonblog)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ウニゴン (@unigonblog)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ウニゴン (@unigonblog)

こんなにゆったり食事できるのも今のうちかなと実家の食事を楽しんでいます。

明日は晴れるらしいので、近くの神社にでも散歩してみようと思います!

 

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた!