ウニゴンブログ

ウニゴンがぽつぽつ育児生活、日常を記録しています。

妊娠中ニキビ対策2【角質ケア】妊娠中にニキビから脱出できた薬剤師の場合

f:id:yakumioishii:20210525101517j:image

ニキビは尋常性ざ瘡という疾患です。
数年もの間ずっと苦しめられてきたけれど、ようやくそのストレスから解放されつつあります!
ここ最近やっと改善してきて振り返られるようになったので、備忘録として妊娠中の私の対策を記録してみます。ここではクレンジングと洗顔に続いて、自宅での角質ケアについての記録を。

まず、

尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017には以下のとおり記載があります。

炎症性皮疹に,標準治療が無効あるいは実施できない場合にグリコール酸あるいはサリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリングを選択肢の一つとして推奨する.但し,保険適用外であることに配慮する必要がある.

 

面皰に,標準治療が無効あるいは実施できない場合にグリコール酸あるいはサリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリングを選択肢の一つとして推奨する.但し,保険適用外であることに配慮する必要がある.

推奨度は高くないものの、ピーリングは一つの選択肢としてアリということか〜と。これに近いことが安全に自宅でできないか考えてみました。

ちなみに結婚式前にクリニックでケミカルピーリングはしたことがあり、施術中はニキビが一時改善したのは個人的体験談としては確かです。

 

しかし、美容皮膚科でもエステサロンでも、妊娠中は施術をお断りされることが多いみたいで、とにかくホームケアでできることに限定しました。

調べてみると、やはりドラッグストアで購入できるピーリング製品はスクラブ入りなどが多くて、ケミカルピーリングとは言い難い…

自己責任でなら個人輸入したりして海外のケミカルピーリング用薬剤を手に入れることはできるけれど、妊娠中の敏感な肌には不安ですよね。

ということで、

たどり着いたのが乳酸での角質ケア。

乳酸はアルファヒドロキシ酸(AHA)の一種です。サリチル酸BHA)より刺激感が少ないのが特徴。同じくAHAのグリコール酸と比較しても、分子量が大きいので皮膚表層への作用で、刺激感が少ないです。さらに、角層の水分量を上げてくれる作用もあるよう。そこでホームケア製品を見つけて試してみました。

 

使用アイテムは、

  • エンビロン ダーマラックローション

→2日に一回程度使用中。普通のローションみたいには使わず様子を見ながら。目の周りは避ける。使用量は私の場合、百円玉位で十分。

乾燥はしないが、やっぱり敏感肌には刺激感あり!ニキビ予防には効果を実感。ボディにも使えるので妊娠線予防にも使用しています。

 

  • エンビロン LACマスク

→2週間に一回か一ヶ月に一回。気が向いたら(笑)

公式ではなんと毎日でも使用可能とある。日々ダーマラックローションを使用していると、いい意味で必要性を感じなくなってきた。今後はあまり使用しない方針。

特にエンビロン信者ではないけれど、実際使ってみて良かったです。エンビロンにはトーナーという製品に乳酸を含んでいるので、それで角質ケアができます。

ローションの方はオンラインで買えました。マスクはサロンでの最初の一度だけカウンセリングが必要です。エステ勧誘を一通りお聞きした後、お断りして購入だけさせてもらいました。

今のところ、上記2つの製品で満足しています。

ただ、資生堂からも最近ナビジョンからファーストピーリングというピーリング製品が出たようなのでいつか試してみたいなぁと。これはグリコール酸の製品です。

 

以上、保険治療での外用薬、保険外治療でのケミカルピーリングによる角質ケアができない妊娠中のアラサーが自宅でしてみて良かったケアでした。

美容健康