ウニゴンブログ

ウニゴンがぽつぽつ手抜き料理、美容と健康、妊娠生活を記録しています。

予定日まで78日!ベビー布団と鉄剤について

予定日まで78日(28w6d)になりました。今日は昨日と打って変わって、からっと晴れて気持ちのいい朝でした。毎日こんな日が続けばいいのにと思います。

ベビー布団決定!届くのが楽しみです!

さて、午前中にやっとベビー布団を発注しました。決め手は敷き布団の硬さでした。

f:id:yakumioishii:20210617094901j:imagef:id:yakumioishii:20210617145035j:image

掛け布団は母希望の羽毛ではないのですが、合掛けになっていて調節しやすそうだし、綿なので気兼ねなく洗えそうです!そして、セット内容が充実しているのもいいなと思えました。

f:id:yakumioishii:20210617145204j:image

www.low-ya.com

アカチャンホンポへ行った際に、敷き布団のサンプルがあって触って比べてみたのですが、京都西川のローズラジカルが一番硬くてしっかりしていました。うつ伏せになっても窒息することがないよう、安全性を考えると硬い方がいいとのこと!

店舗では選択肢が少なくて決めあぐねていましたが、こちらの布団は京都西川のローズラジカルで、かつシンプルな星柄で素敵です。気に入ったので購入しました。届いたら、水通しをしたいと思っています!

 

服用開始の雑感と鉄剤について

そして、昨日から朝夕食後に服用を始めた貧血の鉄剤について。吐き気はないのですが、胃のむかつきが少しだけあります。便秘はまだわからないけれど、どうだろう…

味とかは特にないです。錠剤も大きくないし飲みにくくはないですね。高齢者の方では、大きくて飲みづらいとの声を実際に聞いたりしましたが、私は大丈夫でした。

非ヘム鉄は性質上どうしても副作用が出やすいです。鉄剤の副作用の消化器症状はおおよそ1−2週間で落ち着くことが多いので、様子をみたいと思います。

f:id:yakumioishii:20210617142605j:image患者に有無を言わさず、ジェネリックでくれる素晴らしい病院

 

どうしても合わない場合、剤形の変更をしたり、副作用緩和のためのお薬を追加することになりそうです。

一旦、鉄が欠乏してしまうと食事療法だけでは難しいので、「継続して飲む」これに尽きますね…赤ちゃんのためにも飲もう…いつも自分の薬はうっかり飲み忘れてしまう服薬アドヒアランスの悪い私です…気をつけよう…

 

鉄剤を飲み始めて2ヶ月ほどで貧血症状は改善してくることが多いです。思えば疲れやすかったり、動悸やらするのは妊娠中だからというのもあるけれど、貧血の症状でもあったのかもしれません!ショックではあったけれど、検査でわかって良かったんだと1日経って気持ちが変わりました。

とにかく大切なことは貯蔵鉄が回復するまで飲み続けることなんですが、5ヶ月とか半年とかかかるんですよね。なので、産前はずっと飲むことになるのかな〜と予想しています。

食事の鉄はどうする問題

それで、食事では特に動物性のヘム鉄を今後はどうやって摂ろう?と今日も考えていたのですが…

f:id:yakumioishii:20210617143527j:image病院から頂いたの図

うーーーーん、食べてる。普通にすごく食べてるという感想です。夫にも見てもらったんですが、普通にめっちゃ食べてますねってことでした。母にも、この資料と今までの食事とを見てもらいましたが、むしろ食べすぎなんでは…だから血糖値高いのでは…ってことでした。後期に入って鉄の需要量が単純に上がったからなのかな〜!?それともそんなにフィチン酸の吸収阻害って大きいのかな〜!?わからない…謎です。

血糖値はフルーツを控えるとして、ビタミンCも葉酸も鉄も、亜鉛も摂らなきなならないし食事考えるの難しいです…

 

自治体の福祉サービスを利用してみる予定

考えた結果、やはり専門家の管理栄養士など第三者が見れば、もっと的確に指摘してくれると思いました。食事フォルダの整理と昨日からは毎食の写真を撮るようしてます。

そして早速、明日は自治体の栄養士さんに食生活相談してもらうことになりました。電話ですんなり予約できました。こういう福祉サービスのこと全然知らなかったのですが(元公務員なのに自治体サービスに無知)、調べると色々あるんですね!

明日は、次の妊婦検診の糖負荷検査のことも含めて、しっかり相談してこようと思います!

では!